法人カードとは?初心者におすすめの一枚も紹介!

3分で徹底解説!法人カードとは

3分で徹底解説!法人カードとは

経営者や個人事業主の方に知っておいて欲しいのが、「法人カード」とは何なのかについて。

ただ、「そんなこと言われても、法人カードとは一体どんなものなの?」といった疑問をお持ちの方は多いと思います。

簡単に言えば、法人カードとは事業用のクレジットカードの事です。
つまり、法人カードとは法人代表者や個人事業主向けに作られたクレジットカードとなります。

しかし、一言で「法人カードとはこんなカードです」と言われても、ピンとこないですよね。

なので、そんな法人カードについて、法人カードとは何なのかが分からない方に向けて、出来る限り詳しく紹介していこうと思います。

法人カードとは?

法人カードとは?

法人カードとは、経費の支払いができるクレジットカードの事。
例えば、事務用品やオフィス家具、オフィスでかかってくる公共料金の支払いに利用できます。

この法人カードというものは、発行会社自身がビジネス用に作っています。

そのため、法人カードを発行している会社は、基本的に法人代表者や個人事業主の方に向けて作っているのです。

つまり、個人的な利用を考えている方は作ることが出来ないクレジットカードとなります。

法人カードとは何かを知りたい方の中には、「ビジネスカード」や「コーポレートカード」という単語を聞いたことがある方もいると思います。

それらを総括して呼ばれるのが、法人カードなのです。

そんな法人カードですが、使い方はクレジットカードと全く同じです。
なので、例えば会社の備品をネットで購入する場合、法人カードに記載されている記載されている氏名や有効期限などを入力するだけで購入することが出来ます。

なんだか名前は仰々しいですが、使い方は至ってシンプルなのがありがたいですよね。
難しいイメージを持たれがちなのですが、意外とそんなことは無いのが法人カードなのです。

クレジットカードとの違いについて

クレジットカードとの違いについて

先ほど、法人カードの使い方はクレジットカードと同じという話をしましたが、それではこれらにはどのような違いがあるのでしょうか。

それでは、クレジットカードとの違いについて三項目に分けて紹介していこうと思います。

一つ目が、支払いの際の引き落とし口座を法人・屋号名義の銀行口座に指定できる点です。

例えば、今まで「経費」と「個人の支出」が一色単にされてしまっていた方もいると思います。
ただ、法人カードを導入することにより、その支出を分けることが出来るようになるのです。

二つ目が、法人カードにはビジネスマンに向けた付帯サービスが充実している点になります。

例えば、招待日和。
招待日和とは、法人カード会社により厳選されたレストランを2名以上で予約した際、1人分を無料にしてくれるサービスになります。

つまり、美味しい料理を頂けるだけでなく、経費削減も一緒に図ることが出来るサービスということですね。
なので、特に接待の場などで活躍することになると思います。

三つ目がキャッシングが利用できる法人カードが少ない点。

多くのクレジットカードは、キャッシング機能を利用できると思うのですが、法人カードはそうではありません。

理由は、法人カードの発行会社が「貸し倒れ」のリスクを恐れているため。
というのも、法人カードを導入する企業の中には、設立して間もない企業も多いからです。

なので、「お金を借りたけど、返済する前に倒産してしまう」といったリスクを減らすために、キャッシング機能を設けていない法人カードが多くなります。

これらのように、法人カードとクレジットカードには大きな違いがあるのですね!

導入することで得られるメリットとは

得られるメリットについて

法人カードとは、事業向けのクレジットカードだということが分かっていただけたところで、それでは導入することでどのようなメリットがあるのでしょうか。

例えば、「経費」として購入したものなのか、「プライベート」で購入したものなのか分からなくなることがあると思います。

ただ、法人カードを導入すれば、引き落とされる口座は指定した屋号口座となるため、明細も分けることが出来るようなるのです。
そのため、「あれ、これって経費で購入したものだっけ?」といった機会が減ることになると思います。

さらに、経理業務を効率的かつ簡潔にしてくれます。

例えば、何を経費で支払ったのか分からない場合、経理業務は想像を絶するほど難航してくると思います。

ただ、法人カードを導入していれば、誰が、いつ、何を支払ったのかが分かるようになります。
なので、そのような不明瞭な支払いは無くなってくるため、経理業務がより簡略化されるということですね。

これらのように、法人カードを導入することにより、非常にありがたいメリットを得ることができるのです。

法人カードには3種類のランクがある

法人カードのランクは3種類

法人カードには3種類あり、「一般ランク」、「ゴールドランク」、そして「プラチナランク」となります。

それでは、法人カードの各ランクにどのような違いがあるのか紹介していこうと思います。

年会費が安いことが特徴的な「一般ランク」

安いことが特徴的な「一般ランク」

一般ランクの法人カードの特徴は、何と言ってもその年会費の安さ。
平均的に1,000円程度のものが多いのですが、なかには、年会費が無料の一般ランクの法人カードもあります。

「法人カードを導入したはいいけど、年会費が高いのが少し気になる」
といったことになりにくいため、とても楽に所有できると思います。

また、審査が比較的通りやすい点も一般ランクの特徴の一つです。
なので、スタートアップ企業の方に、最もおすすめのランク帯となります。

コストパフォーマンスに優れた「ゴールドランク」

コスパに優れたゴールドランク

ゴールドランクの法人カードの魅力は、そのコスパの良さにあります。
一般ランクより一つランクが上がった法人カードということもあり、付帯するサービスなどの質も非常に上がります。

例えば、ゴールドランクの法人カードのなかには、年会費が一般ランクと変わりないのに、平均より倍以上のポイントが利用した分だけ還元されるものもあります。

さらに、付帯サービスも非常に充実しているので、コスパに優れているということになるのです。

また、ゴールドランクの法人カードは選択肢が広く、様々な用途に合わせて選ぶことができるのが特徴となります。

そのため、低年会費なのにもかかわらず、高性能な法人カードが多いこのランク帯は、非常にコスパに優れたランク帯と言えると思置います。

充実したサービスが特徴の「プラチナランク」

サービスが充実したプラチナランク

プラチナランクの法人カードの特徴は、なんといっても付帯サービスが非常に優れている点にあります。
その分、年会費は他のランク帯の法人カードに比べて割高になってしまうのですが、それに見合うだけのサービスが付帯するのです。

また、プラチナランクとは、法人カードが持つランク帯の中で最高位。
一般的なクレジットカードでいう、ブラックランクとなるのです。

そのため、ステータス性が非常に高いのも特徴として挙げられますね。
信頼性が重要になってくる接待の場で、活躍すること間違いなしです。

といったように、付帯サービスに優れステータス性が高い法人カードを揃えているのが、このプラチナランクとなります。

初心者にもおすすめの一枚!

初心者におすすめの一枚!

ここまでで、法人カードとはいったいどのようなものか分かっていただけたと思います。

ただ、そこで気になってくるのが、初めての法人カードには何がおすすめなのかというところですよね。

そんなあなたにおすすめしたいのが、コスパに非常に優れた法人カード「オリコ ExGoldForBiz」となります。

この法人カードの一番の特徴が、年会費の安さとなります。
その年会費は、2,000円と一般ランクと大差ない格安なものになっているのです。
さらに、この法人カードは初年度の年会費がなんと無料!

まだ設立して間もない企業でも気軽に申し込むことができるのは、この法人カードの魅力ですね。

また、年会費が安いだけでなく、ビジネスで使える付帯サービスも充実しております。

例えば、招待日和というサービスが付帯します。
このサービスは、高級レストランを2名以上で予約時、1名分のコース料金を無料にしてくれるというものです。

そのため、特に接待の場で活躍してくるサービスになると思います。

そんなオリコ ExGoldForBizは、審査が通りやすいことでも有名です。
口コミによれば、設立して間もない企業でも審査を無事通過したんだとか!

年会費が安く、優れたサービスも付帯したこの法人カードですが、審査にも通りやすいというのは、驚きですよね。

その他にも、旅行保険が充実しているなどの魅力もあるこの法人カード、是非導入を検討してみてください!

あなたに合った一枚とは?

あなたに合った一枚とは?

法人カードとは何か、最初は分からなかったあなたも、今は理解できたのではないでしょうか?

理解できたとなると、その後に気になるのが「自分に合う法人カード」。
もともと導入を検討していたと思われるので、どの法人カードが良いか気になるかと思います。

もし法人カード選びで困ったら、下記のランキングをご覧ください。
数ある法人カードからおすすめだけを厳選しているので、あなたに合う1枚がきっと見つかることでしょう!

法人カード比較ランキング

タイトルとURLをコピーしました